« 新幹線の無線LANの奇跡 | トップページ | VAIO C (その2) »

VAIO C (その1)

DELLのInspiron 6000を使っている話は、この日誌でも何度か出ていると思います。SSD化して、さらに不調でSSDを載せ替えもしています。すでに3回もHDDを交換(うち2回はSSD)しているのですが、また時折ブルースクリーンになって落ちるようになってきました。前回、SSDを交換して治ったので、今回もSSDの交換で治るとは思うのですが、約1年の間で3回もSSDを交換するというのは、根本的な解決策では無いような気がします。

そこで、本体を交換することにしました。

Pentium M 機の交換ですから、どんな機種に乗り換えても満足できるだろうということと、消耗品扱いできるので、格安の台湾製から選ぼうと考えていたのですが、なんと、今ならVAIOでも5万円以下で手に入るですね。 しかも、廉価なEシリーズでなく、Cシリーズが買えてしまいました。

Ca402

|

« 新幹線の無線LANの奇跡 | トップページ | VAIO C (その2) »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517522/54162635

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO C (その1):

« 新幹線の無線LANの奇跡 | トップページ | VAIO C (その2) »