« NEC Ultrabook「LaVie Z」 雑感 | トップページ | Intel D2700MUD (その2) »

Intel D2700MUD (その1)

Atom N330機を24時間運用しています。SSDを2機搭載して、PCとしても使用できるNASのような状態ですが、消費電力が20W台なのでトイレの灯りよりも省電力です。

このAtom N330機ですが、高性能を求めるわけでもないので、機能的にも必要十分でそこは何も問題ないのですが、この世代のAtomの問題点として、Atomは省電力で良いのだけど組み合わる945チップセットがものすごく発熱します。 小型のケースに入れているのもあるのですが、この季節になってアイドル状態で65度を超えます。 100度ぐらいまで耐えるようなので、気にしなければ使えるとはいうものの、部屋の配置換えの都合で作業机の近くに置いたら、作業時にこのAtom機の熱気がたまりません。 ケースにファンを追加して、アイドル時の温度が60度以下になりましたが、相変わらずケースは触れないほどに熱いです。それに、ファンの音も気になるようになってきました。

そこで思い切って、中身を交換することにしました。というわけで、Atom N330より2世代新しいD2700を搭載する、Intel D2700MIUDを買ってきました。

一般に、Atomは、あまり人気は無いようですが、気が付けばNASも合わせて5台目のAtom機となります。

【訂正】5台と書きましたが、工人舎 pa もAtomでしたね。 というわけで、実に6台目のAtom機です。 WOW !

 

Intel_d2700mud_01

|

« NEC Ultrabook「LaVie Z」 雑感 | トップページ | Intel D2700MUD (その2) »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517522/55169646

この記事へのトラックバック一覧です: Intel D2700MUD (その1):

« NEC Ultrabook「LaVie Z」 雑感 | トップページ | Intel D2700MUD (その2) »