« 謹賀新年 | トップページ | SONY VAIO Fit 15A »

Acer Iconia W4-820 (その8)キーボード編2

Acer Iconia W4-820 用にBluetoothキーボード「Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02」を購入した話しの続きです(参照)。

しばらく使ってみて、コンテンツを消費するTablet端末としては、Android機に一日の長があるように感じます(参照)。それでも、WordやExcel、さらに、Powerpointまで搭載しているので仕事に使えてしまうといういざというときの安心感が、Windows Tablet機の有利な点だと思うのですが、閲覧だけならAndroid機でも出来ないわけではないので、修正とか、それこそ、ゼロから新規作成までやれなければメリットも活かせないと言うものです。

かといって、それなりの入力環境を準備すると、従来のクラムシェル型の普通のノートを持ち歩くのと変わらなくなってしまうので、タッチパッド付きの超小型キーボード「Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02」を購入したわけです。

というわけでしばらく使ってみたわけですが、どうも使い辛い。緊急用なので、使い勝手は二の次には違いないとはいえ、ここまでだとスクリーンキーボードでいいじゃないかと思えてしまいます。

具体的にどう使い辛いのかと言いますと、キーボード部とタッチパッドのレイアウトが問題ですね。安定してホールドするにはゲームパッドのような持ち方になりますが、右側にタッチパッドがあるので、右手と左手の操作感がまったく違います。自分は、手はひとより多少大きい方だと思いますが、それでもタッチパッド越しに入力する右側は辛いです。
さらに、タッチパッドを使う時というのはクリックボタンを合わせて利用するのだけれど、右手で同時にできるという器用さがあれば別ですが、クリックの為に左手をキー入力のポジションから離して右側にもってくるというのが思考を妨げるのと、操作上もバランス悪いです。というわけで、はじめ少し使いましたが今は全くのお蔵入りとなってしまいました。
しかし、同じような悩みを持っている人はいたのでしょう。「Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK03」という、中央にタッチパッドを備える新型があったのですね。こういうのを探していたのに、何で購入時に見つけられなかったのだろう。

Iconiaw409

|

« 謹賀新年 | トップページ | SONY VAIO Fit 15A »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517522/58911230

この記事へのトラックバック一覧です: Acer Iconia W4-820 (その8)キーボード編2:

« 謹賀新年 | トップページ | SONY VAIO Fit 15A »