« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年4月

NEC LaVie Hybrid ZERO vs 新しい MacBook

1kgを切る新しいMacBookが出ましたね。軽いのでMacBook Airを名乗るのかと思いましたが、MacBookという名前とは想定外です。Airのほうが重いんですからね。

Windowsより前からMac(当時はMacintoshでしたが)を使っていた身としては気になります
というわけで、電器屋で展示中のMacBookを触ってみました。もちろん興味あるのは重さ感です。手に持った印象としては、予想よりずっしりとしている、、、です。

使用中の大容量電池搭載NEC LaVie Hybrid ZEROとMacBookでは100gも違わないはずなのですが、Hybrid ZEROは13インチ液晶でMacBookは12インチと多少小ぶりなので密度感の違いでしょうか?
ただし、MacBookの筐体のほうが頑丈そうです。モバイルでは持ち歩きの安心感も気になるのでその点ではいいかもしれません。
スペックはちょっと触ったぐらいではわかりませんでした。でも、Hybrid ZEROがCore i7 2.4GHzとMacBookがオプション選択でもCore M 1.3GHzですから、比べるほうが間違っていますね。
確かにOSは違うのでその差が云々もあるでしょう。でも。結局のところ使うのはアプリなので、使いたいアプリが動けばOSとかどうでもいいです。
結論として
7~8インチ液晶で500グラムぐらいのキーボード装備クラムシェル型をどこか出し下さい!
VAIO Pとか工人舎 PA とか、ああいうのがいろいろ出てた時代は良かったな
Pa04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC LaVie Hybrid ZEROとふるさと納税

先ごろLaVie Hybrid Zeroをふるさと納税でもらえるという話がありました。非タッチでi7搭載の8GRAM、512GBSSDというハイエンド仕様でしたが、どれくらいの人が申し込んだでしょうか?

ふるさと納税というしくみそのものはうまく利用できれば魅力的なので、ほかに利用する宛てが無いならこういう企画をたててくれたことは賞賛ものだと思います。でも、もしいま自分がLaVie Hybrid Zeroを使ってなければ申し込んだかどうかと思うと微妙です。

その理由は、軽量バッテリ仕様だというので悩んだだろうちうことです。総重量を軽く見せるのに軽量バッテリはインパクトあります。でも、バッテリの切れたモバイル機は、使い道のないお荷物でしかないので、LaVieを活かすには大容量バッテリモデルは必須だと思うのです。

納税という仕組みがをはずせば、重量が気にならないならVAIO Zという選択肢が顔を出します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft Surface 3 雑感

マイクロソフトからProじゃない Microsoft Surface 3 が発表されました。世界同時発売の中に日本が含まれないのが寂しいですが、日本だけ専用キーボードを必要だろうとか考えるとやむなしでしょうか。

この日誌にも書いているように、今の主力モバイル機器はNEC LaVie Hybrid ZEROです(参照)。ところが、今日はPanasonic Let'snote J10 を持ち歩いていて、このブログもJ10で執筆しています。小さいのが正義なこともあるので、J10が必要なケースがまだまだあります。
でも、小さいのにNEC LaVie Hybrid ZEROより重たいのが難点です。それと、電池は一度交換はしているものの、電池の減りはやや早い気がします。
というわけで、Proじゃない Microsoft Surface 3が気なります。
新CPUの情報がまだ少ないのでまだわからない点も多いとはいえ 普通のCore CPU
は当然として CoreMよりもスペックは劣るでしょう。
でも、この機種の魅力は性能より、Micro USBから充電できることだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »