« Synology DS215j (その2) | トップページ | Synology DS416j (その1) »

Synology DS215j (その3)

Synology DS215jを購入した話の続きです(参照)。

設定は簡単でネットワークドライブにも素直に組み込めます。MacとWindowsを併用するために、Windows NTの時代からPC Serverをたてていましたが、ネットワーク専門家ではないため、いつも四苦八苦していました。それを考えればお手軽そのものです。

さらに、70から80MB/s程の転送速度が出るので(ダウンロードだとピークで100MB/s超えることも)、2万円そこそこの価格というのにメインで使ってもいいのせはないかと思わせてくれます。機能のほうはDSMというオペレーティングシステムを使うので一部の機能は制限あるものの、上位機種と一緒です。いまどきの機能はパッケージとしてひととおり揃っているので、いやもうほんとこれで十分です。

Ds215j_download

メインNASのThecus 5500はRAID 6で使っているという違いはあるものの、転送速度は同程度なので、本気でリプレイス考えてしまいます。

逆に言うと5年前の機種でRAID 6で使って同じ速度というThecus 5500も、なかなですけどね。

|

« Synology DS215j (その2) | トップページ | Synology DS416j (その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517522/63284308

この記事へのトラックバック一覧です: Synology DS215j (その3):

« Synology DS215j (その2) | トップページ | Synology DS416j (その1) »