携帯・デジカメ

交換レンズ選択が難しい時代

当社の業務には大型合成写真の作成などあるわけで、写真やカメラと縁が深いわけです。ですが、昔で言うところの35mmは守備範囲外で、行事の記録や資料の保存、そして、ここにアップする写真を撮る用ぐらいにしか需要が無いと言っても過言ではありません。

とはいえ、記録も高画質が良いだろうという流れからデジタル一眼も使っています。しかし、動機が明確じゃなく購入するのはダメですね。 Aマウント、Eマウントの標準レンズ/ズームだけでこんなにあって酷いことになってます。
根本的な問題として、マウントが同じなのにセンサーサイズで互換性が無いといのが困ります。最低限の互換性はありますが、フィルム時代の感覚で言うと「なぜ?」と混乱します。超小型とか尖ったものは別として、大は小を兼ねるので、フルサイズ用に統一すればいいのにと思います。 APS-C限定にするって、2系統用意するよりコスト安いのでしょうかね。
1948383530_210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコン Df

ニコン Df というデジタルレフカメラが発表された。最近流行のレトロな外観のモデルなので、購入対象ではないのだけど、銀塩ニコン機を使っていた身としては気になるモデルではある。でも、気になる点はというと、製品よりニュースサイトが「往年の銀塩一眼レフを思わせる」と紹介しているところのほうかな。

確かにその文言は間違ってはいない。しかし、「往年のニコン機を思わせる」かと言われたら違和感がある。どこに違和感があるかと言えば、ニコンF2も、F3も、F4もペンタプリズム上部は幅広く平らだし(一部オプションを除く)、ストロボ装着のシューは、プリズム上に無いか、または、あっても存在を隠すかのように目立たないものだったとか、これらの機種には似ていないというところだ。かといってニコンFとかまで遡るようなレトロさでもない。

ではあるが、「往年のニコン機を思わせる」部分が無いかと言えばそうでもない。そうか!、FEという機種があったっけ。コンパクトな機種だったので、Dfの印象とはちょっと違うけど、下半分を隠せばFEを思わせるのは、確かにそうかもしれない。

若いころに趣味でニコン機を買ったとか、ニコン機に憧れたというのがあって、いま、いい歳になって余裕ができたという人が欲しくなるようなものとしては、なかなかいい出来かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY NEX-6 (その2)

SONY NEX-6を短時間ですが借りてみた話しの続きです(参照)。

持ち歩いていたSony Cyber-shot TX66 を撮ってみました。手持ちでの、簡易な撮影ですが一部を切り出してもなかなかの描写です。
Nex6

後日、同じように自分の初期型NEX-5で撮ってみました。撮影状況が違うので同列には比較できないということや、似た部分を比較する為にリサイズがかかっているということを割り引いても、この描写の違いには愕然です。
Nex5
センサーの画素数が1400万画素から1600万画素に増えていますが、数的にはたいした違いはありません。世代が違うので差はあるでしょうが、デジカメのセンサーなんて、そこそこ歴史のあるものですから数年で劇的な進歩というのも違う気がします。

やはり、レンズでしょうか? NEX-6は電動ズームのSELP1650、NEX-5がSEL1855でした。NEX-6が、Sonnar T* E 24mm F1.8 ZAだったということも無いのにこれだけ違いました。悔やまれるのが、レンズを交換して試してみる機会がなかったことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY NEX-6 (その1)

SONY NEX-6を短時間ですが借りてみました。

この日誌ですでに何度か書いたかもしれませんが、初期型NEX-5を所有していますが、なんとなく全体にキレが無いというか、いったい何処にピンがあるのだろうか?という画になるので、たぶんレンズに問題があるのだろうと悶々としていました。
レンズラインナップには、Sonnar T* E 24mm F1.8 ZAとかもあるので、換えてみたら改善するのかもしれませんが、レンズの問題じゃなかったらどうしよう? とか、小型軽量で持ち運び安いことがメリットのはずなのに、とか、レンズ単体なのに、先日購入したNikon D7000 ズームキットよりも高額というのがなんとなく解せなくて(参照)、やはり悶々としていました。

そんな折、NEX-6を試してみる機会があったのです。

Nex6_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SONY NEX 用 Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA って

この夏、ちょっとなかなか行けないところに出張がある。景色がとても綺麗とのことで、是非、写真に収めてきたいものなのだけれど、SONY NEX-5を持っていく気にはなんとなくなれない。RX-100で十分というか、RX-100のほうがいい写真が撮れるような気がする。

それは、この日誌でも前に書いたようにNEX-5は期待ほど綺麗な写真が撮れないという印象があるからだ。それはたぶん、レンズに原因があるのだろうという推測なのだけど、ネット上を探してみても、白く霞がかかったとか、膜が1枚張ったようなという感想がみつかる。全く、同じ印象だ。

さらに調べると、NEXで撮るならSonnar T* E 24mm F1.8 ZA を使わないと真価が発揮されないという意見が多く見られる。やはり、レンズが弱点か? しかし、このレンズの価格は約10万円とNEX-5ボディの2倍するのと、なんと、この前購入したNikon D7000ズームセットより高価だ。

価格も躊躇するが、NEX-5に対する印象があまり良くないので、改善しようという意欲が湧かないのと、Sonnar Tを取り付けてようやくRX-100並みだったらどうしようという不安感がある。根底には初期型NEX-5に、いまさら投資したくないというのもあるかもしれない。フィルム式のカメラなら、ボディの性能は本質的な差にならないが、デジタルの場合はこういうとき困る。

荷物も増やしたくないし、RX-100でいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nexus7 vs 中華パッド

5月のGoogle I/O で新型のNexus7が出るのではないかと期待されていましたが空振りでした。今のモデルは発表から1年近くたっているので、いずれは新しいものが出るだろうと思うのですが、5月に出ることが噂されていたぐらいですから、それほど遠い先ではないと思うのです。ならば、いま現行機種を買うのもおもしろくないので、中国直輸入の中国ブランドの7インチAndroidタブレット、いわゆる中華パッドを買おうといろいろ物色してみました。

種類が多く、薄型軽量モデルとか電池大容量とか選択肢が多くて面白いのですが、Bluetooth付モデルは少ないようです。GPS付にいたっては、選択肢がほとんどないばかりか、価格がNexus7とさほど変わらないところまできてしまいます。

ならば、Nexus7がいいじゃないかと思うわけですが、購入直後に新型が出るのも悔しいので、結局、買えないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・モバイル GL07S (その7) vs 新幹線の無線LAN

無印700系のこだま号からN700に乗り換えたので、新幹線の無線LANとどれだけ体感が違うか試してみました。差は歴然です。数値でみてみるとこんな感じです。

Speed_testn700

確かに新幹線の無線LANでも計測結果は大きく振れます。でも、10回近く測定して、極端に外れる時以外は、ほぼこの数値近辺でした。イー・モバイル GL07S と比べて50倍くらい違いあるわけですから、体感で気づかないはずもありません。

それでも、メールをやりとりするぐらいなら、これで十分です。さらに、ひと月に5GBを使い切ることは無さそうな予感がしますが、例えそれでもイー・モバイル GL07Sのほうには上限があるというのは心理的に嫌なものなので、多少遅くても、こっちの無線LANを使い続けそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・モバイル GL07S (その6)

勢いでイー・モバイルGS02からGL07Sへ機種変した話しの続きです(参照)。

イー・モバイルをずっと使ってきている理由はテザリングが自在なことです。ただし、GL07Sから月間使用量に上限が設けられてしまいました。追加料金を払えば上限が一時的に解除できるとはいえ、イー・モバイルをデータ通信中心のキャリアと認識してきた身としては、他キャリアより上限が低いという道を選択したのが驚きです。なにせ、他キャリアが上限が7GBというのが多いのに、イー・モバイルが5GBとは自殺行為としか思えません。


実際、、、、、以前はそう思っていました。ところが、購入しておよそ10日ですが、1GBも使っていないようです。テザリングもそこそこ利用しているのに、自分の使用量が思いのほか少ないことには驚きを隠せません。 5GBを使い切ることなどなさそうです。

さて、使用量を気にする必要が無いとなると、今度は速度が気になります。というわけで、この日誌でよく取り上げる新幹線車内での速度結果がこれです。

Speed_testgl07s

新幹線での利用は、状況が刻一刻と変わるので、速度も大きく振れます。実際、最大は7.4Mbps、最少は0.5Mbpsと大きくばらつきました。でも、2Mbps台を示したことが一番多かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・モバイル GL07S (その5)

勢いでイー・モバイルGS02からGL07Sへ機種変した話しの続きです(参照)。

購入したケースを装着してみるとこうなりました。ストラップの穴が用意されていたので取り付けてみると、こんな感じです。

Gs07_05

裏側に取り付けることになるので、画面が見える面を上にするとストラップが挟まって浮き上がります。机に置いてGL07Sを使用するには邪魔になるかもしません。でも、自分の場合、そのような使い方はしないので大丈夫でしょう。

それより、GL07Sは薄くて幅広い形状をしているので、自分は多少手が大きい方にもかかわらず、手に収まりがあまり良くありません。使いながら手から滑り落ちそうなので、ストラップを手首に通して使えるというのは良い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・モバイル GL07S (その4)

勢いでイー・モバイルGS02からGL07Sへ機種変した話しの続きです(参照)。

落としたり傷を付けてから悔やんでも遅いので、使い始める前にケースを購入したことは前の日誌に書きました。さらに、このケースには保護シールが2枚も付属しています。凄くお得感がるのですが、残念なことに光沢タイプを貼ることには躊躇します。それは、例えば動画の閲覧終了時に画面がブラックアウトした瞬間、画面が鏡のようになり自分の顔がくっきり映るのが嫌なのです。それは半分冗談として、光沢タイプは状況が許せば画面がクッキリ見えてとても綺麗なのですが、ほとんどの場合、周辺が映りこんでみずらいばかりか、光源がちょうど反射するような角度になると画面が何も見えなくなったりして、かえって邪魔です。

そこで、保護シールが2枚付属するにもかかわらず、アンチグレアタイプの保護シールを別途購入しました。保護シールにも選択肢があるというのは、GS02に比べて大躍進です。

Gs07_04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧